シンポジウム>応用物理とMathematica (応用物理学会春期学術講演会)

2014/10/02
第61回 応用物理学会春期学術講演会において、興雄司教授の企画した「応用物理とMathematica 」シンポジウムが開催されました。
(九州工業大学 小田部教授との共同企画)

9:00 AM 〜 9:15 AM [17a-D7-1]物理研究者・学生のためのMathematica(オープニング)(15分) 小田部荘司 (九工大情報工)

9:15 AM 〜 10:30 AM [17a-D7-2]理工系教育・研究のプラットフォームとしての Mathematica(75分) 中村英史 (ウルフラム・リサーチ)

11:15 AM 〜 12:00 PM  [17a-D7-4]ロジスティック写像と不快音(45分) 幹康 (拓殖大工)

1:00 PM 〜 1:45 PM  [17p-D7-1]iPS細胞による再生医療数理解析モデルとそのシミュレーション(45分) 野原勉1,2 (東京都市大学1,東京大学2

1:45 PM 〜 2:15 PM  [17p-D7-2]逆問題の代数解法とmathematica(30分) 奈良高明 (東大・情報理工)

2:15 PM 〜 3:00 PM  [17p-D7-3]Mathematicaによる防災用スピーカーの開発(45分) 福山和男 (TOA 技術研修所)